■検索フォーム

■プロフィール

長谷川慎次(Hasegawa Shinji)

Author:長谷川慎次(Hasegawa Shinji)
オリジナルから版権物まで猫をいじりつついろいろ制作しています。
猫フィギュアオーダーメイドも承っております。
twitter&instagram:hs_shining
Mail: pchs-shining☆mx3.ttcn.ne.jp
(☆→@に変えてください)

■最新記事
■カテゴリ
■作品ギャラリー

■リンク
■twitter

■最新コメント
■月別アーカイブ
■visiter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自作集塵ボックス
リューターを家でやるのにまず気になるのは「削りカスどうすんの?」なんですよね。

掃除機で吸ったり、市販の集塵装置を使うとかが普通なのかもしれませんが

私は自分で作ってみました。参考にしたのはバラエティで見る「箱の中身は何だろな?」ボックス!
作り方はちょうど良いサイズの段ボール箱の壁を三面穴あけます。上面は開いた状態で箱の中に透明のビニール袋を張りめぐらせて完成です。


正面
917a
この向きで両脇から手を突っ込んで作業します


上から見た様子
917d
多少見づらいですが、基本荒削り用なので問題なし


左手側
917b
原型を突っ込む方です。入れやすくするため口はでかくしてあります。気休めですが削りカスが出ないようにケバケバ的な物をつけてます。


右手側
917c
リューターを突っ込む方です。邪魔にならずなるべくカスが出てこないような入り口。


後ろ側
917e
削りカスはこっちに移動させます。蹴飛ばしてカスが飛び散る心配なし。


この箱でカスの飛び散りを大幅に減らす事ができます。
出し入れの際に少し出ますけどね。

問題点は
蒸れます。原型に付いたカスは歯ブラシで払わないといけません。手がカスまみれ。
まあこの出来なら仕方ないかなと思ってます。

そりゃ豪快に掃除機でやりたいですよ。
関連記事
スポンサーサイト


道具・素材 | 17:57:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。