■検索フォーム

■プロフィール

長谷川慎次(Hasegawa Shinji)

Author:長谷川慎次(Hasegawa Shinji)
オリジナルから版権物まで猫をいじりつついろいろ制作しています。
猫フィギュアオーダーメイドも承っております。
twitter&instagram:hs_shining
Mail: pchs-shining☆mx3.ttcn.ne.jp
(☆→@に変えてください)

■最新記事
■カテゴリ
■作品ギャラリー

■リンク
■twitter

■最新コメント
■月別アーカイブ
■visiter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いろんな柄に塗ってみよう
ワンフェスにむけていろんな柄に塗ってみました。
画像いっぱい長文です。

キジトラ

IMGP3603s.jpg IMGP3604s.jpg IMGP3605s.jpg IMGP3607s.jpg

ベース:ダークイエローにニュートラルグレー、白を混ぜました。もう少し茶色成分があっても良かったかもしれません。
しま模様:黒
コート:クリアーブラウンに黒を少量

塗り方

P1000820.jpg P1000818.jpg 
ベースをエアブラシで塗った後、しまを筆塗り。しまはシャープな線を描きました。
P1000822.jpg
そのあともう一度ベース色を全体に吹き模様をぼやかしました。思いつきです。そのままだと線がはっきりしちゃうかなと思いまして。ただ額の模様はそのままで良かったなと思いました。
そして口元だけ白く吹いときます。
そしてコート色を口元以外にエアブラシで吹きます。しまをなぞるように細吹きしました。背中は消えるくらい濃くしました。
あと鼻の頭を茶色にします。


茶トラ

IMGP3590s.jpg IMGP3591s.jpg IMGP3592s.jpg IMGP3594s.jpg 

茶トラは以前にも塗ったことがありましたが今回は新たな塗り方でやってみました。


ベース:キャラクターフレッシュ1にクリアオレンジ、色の源黄色などを混ぜオレンジ寄りのフレッシュにしました
しま模様:オレンジやブラウンにクリアオレンジ、クリアブラウンなどを混ぜたと思います。よく覚えていません。
      オレンジが強すぎないようにブラウン系で調整したんだと思います。きっとそうに違いない。
コート:ベースはクリアーオレンジとクリアーブラウンにブラウンやオレンジを混ぜた気がします。
    コートなのでクリアーの透過性が無くならない程度にブラウンやオレンジを混ぜたんじゃないでしょうか。
アイライン、口:何混ぜたか覚えていないので、色の印象をいうと血行の悪い歯茎みたいな色小豆色です。目じりと口元はそれよりも明るいピンク寄りの色にしました。

調色してると何をどれくらい混ぜたか忘れてしまうことってあります・・・よね?
塗り方はキジトラと同じです。キジよりもしまの間隔は広めにしてみました。背中の線は無し。

キジや茶トラの模様は線タイプと斑点タイプがいるみたいですが今回は線タイプにしてみました。
額の線はぼやかさず頬はぼやかした方が良さそうです。

サビ

IMGP3597s.jpg IMGP3600s.jpg IMGP3602s.jpg

サビは以前塗ったものと色はほぼ同じです。黒多めにしてみました。茶トラコートはしないで黒くしたので前よりもオレンジが抑えめです。

グレー
IMGP3586s.jpg IMGP3588s.jpg IMGP3587s.jpg

グレーはそのままグレーを塗ったら楽勝じゃんとか思って塗ってみたものの、どうも青っぽくなってしまい、黒っぽさを出すためにおなじみのスモークグレー&黒でコートしたら良い感じになりました。ベースはニュートラルグレーと白で明るめのグレーです。


IMGP3630s.jpg IMGP3631s.jpg

黒は2パターン塗ってみました。といってもたいして違いは出ませんでした。
普通に黒のみと、黒鉄色の上にクリアーブラックコートの2パターン。違いがお解かりいただけるだろうか?
黒猫のテカリみたいなの表現できないかとおもったんですが普通に真っ黒で良さそうです。
パールだったらまた変わってくるのかなあ。白猫塗る時はパールを吹いてみようと思っています。

柄の種類が増えると紙袋の種類も増やしたくなったので増やしました。
今までの黄色と白
IMGP3640s.jpg
に加え

IMGP3634s.jpg

水色チェック
IMGP3635s.jpg

ワインレッド
IMGP3636s.jpg

薄茶
IMGP3638s.jpg

どうでしょうか?近くのホームセンターに多種の色紙の取り扱い(しかもバラ売り可)があることがわかったのでもっといろんな色で作れそうです。


茶トラやキジの塗り方は基本的にこの塗り方でいこうと思います。
次は三毛、白オッドアイ、黒白ちょびひげ、シャム柄あたりをやってみようと思います。
シャムっていうよりGrumpy Catっていうアメリカで話題の猫の模様で塗ってみたいですね。
今回の応用で茶トラ白、キジ白、グレー白とかもできそうです。塗り分けどうしようかな。


というわけで最後に一枚
コテツあつめ
IMGP3654s.jpg


スポンサーサイト
猫造形 | 14:36:03 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。