■検索フォーム

■プロフィール

長谷川慎次(Hasegawa Shinji)

Author:長谷川慎次(Hasegawa Shinji)
オリジナルから版権物まで猫をいじりつついろいろ制作しています。
猫フィギュアオーダーメイドも承っております。
twitter&instagram:hs_shining
Mail: pchs-shining☆mx3.ttcn.ne.jp
(☆→@に変えてください)

■最新記事
■カテゴリ
■作品ギャラリー

■リンク
■twitter

■最新コメント
■月別アーカイブ
■visiter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
型取り・複製の話
そういえばニャンフェス前に
型取りに使うシリコンをボークス製品からベルグ製品にかえてみたんですよ。

ベルグのやつはどうやら型持ちがいいとかいうのをちらほら見かけていたので
思いきって使ってみました。

今回買ったのは#8000と#3498を一缶ずつ。
これをブレンドして使う方法がどうやら良いという情報が多いので
混合比(重量) 1:1
硬化剤は基本使用量
常温、手動撹拌、手流し
でやってみました。
混ぜ方は、両シリコンを混ぜた後両硬化剤を入れて混ぜました。

ボークスとの比較になりますが、硬化は遅いですね。
ボークスのに慣れていたので
全然固まる気配がねぇ!
と初め焦りました。
問題なく硬化したので、そこはまあ慣れか硬化剤の調整次第なんでしょう。

一つ気になったのが
大きな気泡の残りはなかったのですが
極小の細かい気泡がいっぱい後から後から出てきました。
たぶん硬化剤との反応で出てくるんだと思います。
これは最終的に外側に上がってきて型の外側に小さなプツプツになりました。
原型の形状によっては原型面に出てきてしまうなと感じましたよ。

気になって残り物で#8000、#3498それぞれ別々に硬化させてみたところ
この発泡症状はどうも#3498のほう(硬化剤が透明液体の方)で起きるみたいです。
#8000のほう最初若干混ぜにくく気泡がガンガン混じるものの
最終的には綺麗に抜けてくれました。


左が#8000 右が#3498

硬さは#8000の方がやや硬めですね。
猫フィギュアはそれほど複雑な形ではないので、今後はこっちで型取りしようと思います。

ブレンドに関しては
確かに型持ちは良いかなと思います。ボークスと比べてですが。
後述する離型剤の使用も関係してくるのかも。

ブレンドの難点については
当たり前ですが2缶買う必要があり、
あ!微妙にたりねぇ!って時にもう1缶じゃなく2缶買わなくてはならない。

のが辛いですね。事前にしっかり計算すべし。

あとは硬化が遅いのでボークスのでやっていたまず薄く流してから
リサイクルシリコンを並べてさらにシリコンを流す
という方法が簡単にできなくなってしまった。
これは硬化剤の量を増やせばいいのかな?

次に離型剤の話

離型剤も今回ベルグの物を使ってみました。
まず成分が何なのかわからない(笑)
よくわからない透明な液体です。
なのでエアブラシで吹くのをためらいまして筆塗りしました。
(…ほんとベルグの初心者お断り感はどうにかならんもんですかね)

これでレジンキャスト・離型剤・シリコン型全てベルグで統一!

キャストは常温撹拌手流しです。
離型剤は一塗りで三回抜くくらいが良い感じでした。
4回目は大きな気泡が混じりだす程度です。

さあここでも比較

今までクレオスのシリコンバリヤー(以下SB)を使っていたのでそれと比較です。
SBは両面シリコン型制作に使う分にはとても便利です
が、キャスト複製についてはいろいろと問題が多かったです。

一発目がベトベト
間違いなく一発目のショットがベットベトになります。
これはまあ洗えばいいんですけど。

謎のボコボコ
一番厄介なのがこれ
抜けたキャストの表面に多数の凹みができます。
また、塗りすぎたであろう部分も凹みます。エッジの部分とかですね。
最初キャストの硬化不良かと思いましたがどうもSBに問題があるようです。
この液体は乾くと粉っぽくなるんですね。
で、瓶のふちに付いた粉がだまになって液の中に残るんです。
で、それを塗ります。
で、それがキャスト硬化の熱で溶ける。
結果、溶けた分の厚みだけ凹む
と私は分析しています。
これをエアブラシで吹いた日にゃもう恐ろしい結末が!!!
これはほんとに厄介です。複製作業に憎しみを持つようになります(笑)
これがその恐怖のブツ↓

気持ち悪っ!!!!!!

型の汗(型に表面に汗のような離型剤が残りキャストに転写される)
これもたぶん塗りむらから来る問題だとおもいますが、だって透明で見えねーし!

キャストとの相性もあるんですかねー
とりあえずボークス白シリコン+クレオスSB+ベルグレジンキャストの組み合わせ
だと以上の問題が発生しましたことをここにご報告させていただきますよっと。

そんでベルグの離型剤はどうなのかというと
一発目ベトつきなし、凹みなし、汗なし
何て素晴らしきかな!
あ、一つありました。SBに比べて極小の気泡が表面に出やすいかなと。
帯状ではなく単発でちらほら程度なので凹みに比べりゃ可愛いもんですよ。ええ。
これはキャストや型の状態か離型剤の影響かまだ調査が必要です。

画像はあとで追加します。


スポンサーサイト
道具・素材 | 17:15:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
自作塗装ブースその後 とか
前に自作塗装ブースについて書いたんですが
その後どうなったのかの話

P1000217a.jpg
今はこんな感じです。
新聞紙を敷いて汚れが酷くなったら破ってます。
P1000222.jpg
一度ファン部分との接合部分のテープがはがれて粉じんが少し漏れました。テープで補強し直し。
P1000220.jpg
換気扇用フィルターはファンのすぐそばに貼っていたんですけど、すぐ詰まって交換しなければならないので、ハニカムフィルターの裏一面に貼りつけることにしました。

この状態で特に問題はないですね。

P1000215.jpg
ダイソーで見つけた蓋つきのカップ。紙コップより浅く何度も使えるので、最近はこれをエアブラシ用の塗料入れに使ってます。筆塗りにももちろん使えます。

続いて
NSP練習で作った猫
P1000134.jpg P1000139.jpg

NSPミディアムです。これは多分このまま放置。型取りのテストに使おうかなあ。
NSPはやはりハードの方が良いなと思います。

P1000312.jpg

ハードで作っている片倉さん。
これも顔造形の練習、造形アイデアの練習として弄っているので多分完成しないと思います(笑)

道具・素材 | 13:48:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
NSP使ってみた
前に買ったNSPミディアムどんなもんかといじっていましたが、いじればいじるほどしっくりこない感じです。
具体的に言うと柔らかすぎる点です。

粘り気が強いですわ。へらに少しくっついてしまうのでならすのが面倒。
指でガンガン変形してしまうのであまり自分の作業スタイルとあいませんです。

ということで、じゃあハードはどうなんだいということでハードも買ってみました。

ハードは道具で使う分を削りだすか、温めて柔らかくしないと盛り付けるのが上手くいきませんが、それはむしろ好都合な感じです。臭いも気になりません。
常温ではカチカチというわけではなく、弾力がある感じでへらに残らず、ならしもあまり手間取りません。
固めのスカルピーと似ているかな。

140409_184929.jpg

電気鍋にオーブン耐熱の皿をいれて

140412_130838.jpg

アツアツドロドロになりますが、ヘラですくって盛り付け。すぐに硬くなってくるのでこれでOK。

140412_130820.jpg

ざっと作ってみた片倉。4のおかげでイメージは固まりつつあります。

盛り削りが楽でなんか違うなと思ったら簡単に直せるし、これはいけるかなーとは思うんですけど、
うーんこのどんよりとした空気はなんだ…

それは、やっぱ型どり複製方法なんですよねー。

油土埋めはちょっと向いてなさそうだし、だとするとシリコンに埋めて切り裂くとか、石膏でバックアップとって卵みたいにするとか、もうなんだこれけっこうな技術じゃねーかよと。

完成までの道筋がはっきりしないのがどうもモヤモヤします。







ていうかこれはスカルピーで焼かずに最後まで作ればいいではないか!
今までは頻繁に焼いていたんですけど、NSPのいじり方でスカルピー使えばいいってことっすね!三成さん!

NSPは手っ取り早く大体のイメージをつかむのに使うとか、ベース部分複製に使うかな。

よし解決!


あとワンフェス当選しました。


道具・素材 | 14:35:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
レジンキャストとかの話
こんにちは。
もうすぐ6月ですなー。

ホンダムの申請締め切り後は、コテツさんミニの方を少し進めていたのですが、

どうにも面倒なことに、キャストの発泡がすごく(チャイチーのがいっぱい)
ペースが落ちぎみです。
冬のワンフェスで開けたベルグのキャスト、使い切らずにおいといて、
使ってみたらまー発泡した。笑っちゃうくらい。

そして、ボークスのシリコンを使っているんですけど、
型の劣化がボークスのキャスト使用時より早い気がしますね。

キシレンの有無とかなんだろうか?
比較として
ボークスのキャストはヒケやすいけど型もちは良い。湿気りにくい缶。キャストの固さは柔らかめ。
ベルグのキャストはヒケにくいけど型もちは良くない。湿気りやすい缶。
そんな印象です。

除湿剤をいれりゃいいのかな。

複製は上手くいかないことが多い。できればしたくねぇ!


バサラ4は、まだ動きないのかなー。



道具・素材 | 17:31:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
電動グラインダーを作ってみた とか
こんにちは。

今回は、電動グラインダーのご紹介です。

61615.jpg
61713.jpg


これは以前お話した、爺ちゃんのお店に眠っていた商品の1つ。
単一電池4本で動くようです。砥石とバフがついています。
使えるのか全く予想つかないのですが、作ってみましょう。

72939.jpg

中心部分は結構スッカスカです。

25035.jpg

はい完成!特に苦戦せず。

電池を入れて、動かしてみましょう。

34342.jpg

昔のおもちゃみたいにジャリジャリいいながら、予想よりパワフルに回転しています。
指を当てると弾かれるくらい。
ポリパテを当ててみたらゴリゴリ削れました。

これはスパチュラ改造とかいけるんじゃね?と思いました。

だが、待てよ...

25143.jpg

火花散ってる。 火花が散っている。

やめとこう。本格的な工作ができる!みたいだけどまだ使い道はわからないなー。



それと、発光ダイオードもちゃんとつなげて光らせてみましたよ。

91057.jpg
91156.jpg

スイッチもつけてオンオフ可能。明るいです。電池は2本か4本か。

それで試しにあいつに突っ込んでみたら...

91541.jpg

怪しい!実に怪しい!

透けちゃってるのはちょっと問題かな。シルバーでも塗ったらおさまるかやってみよう。




道具・素材 | 15:02:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。