■検索フォーム

■プロフィール

長谷川慎次(Hasegawa Shinji)

Author:長谷川慎次(Hasegawa Shinji)
オリジナルから版権物まで猫をいじりつついろいろ制作しています。
猫フィギュアオーダーメイドも承っております。
twitter&instagram:hs_shining
Mail: pchs-shining☆mx3.ttcn.ne.jp
(☆→@に変えてください)

■最新記事
■カテゴリ
■作品ギャラリー

■リンク
■twitter

■最新コメント
■月別アーカイブ
■visiter

wf報告&続ホンダムを作る
ワンフェス無事終了しました。お疲れさまでした。

お買い上げいただいた方々ありがとうございます。
なにかありましたら、お知らせください。

そしてたくさんの方が立ち止り、写真をとってくれてうれしかったです。

○猫フィギュア
おかげさまで好評でした。ありがとうございます。
少数でしたが完売しました。拙い出来ではありますが、気に入っていただけると嬉しいです。

IMGP3128s_convert_20140728122256.jpg
柄違いパターンも増やしていけたらいいなと思っています。

モデルはいるんですか?ときかれたのでコテツさん登場
120401_220213.jpg 120428_145305.jpg 121002_153332.jpg

紙袋があると入ってしばらくフリーズするんです(笑)それをフィギュアにしてみました。

猫フィギュアは今後も販売を考えています。

○本多忠勝
IMGP3042_convert_20140728113649.jpg IMGP3062_convert_20140728113415.jpg IMGP3064_convert_20140728113151.jpg IMGP3060_convert_20140728113343.jpg
IMGP3061_convert_20140728113119.jpg IMGP3045_convert_20140728113000.jpg IMGP3054_convert_20140728112835.jpg IMGP3071_convert_20140728112340.jpg

今回はドライブラシ塗装メインでやってみました。ざっくり言いますと、
下地はラッカーパテでボコボコにしました。
まずシルバーを吹き、エナメルのFブラウン、Fアースを基本に、黒、ダークイエロー、イエローグリーンで調整しつつ作ったこげ茶色を、筆で叩きつけるように斑に塗りました。それを基本にダークコッパーやブロンズを混ぜた色を作り、ドライブラシでメタリック感を表現してみました。

塗り終わって、あぁこれベースこげ茶で良かったんじゃんかよって思いました。

数珠はシルバー→クリアーゴールド→金パール粉メインで、確かクリアーブラウンでシャドウ吹き
ゆるゆるのエナメルFブラウンで汚れを表現しました。

肌の色はフレッシュよりはベージュやカーキ系のイメージですね。

○ついでに天海も画像3つ
IMGP3094_convert_20140728114227.jpg IMGP3091_convert_20140728114009.jpg IMGP3087_convert_20140728114042.jpg
詳しくは過去記事を見てください。


スポンサーサイト
本多忠勝制作 | 13:46:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
続・ホンダムを作る 塗装
忠勝、塗装終わりました。

今回は時間をかけられたので、前回の塗装よりはうまくいきました。
とりあえずさっと報告。詳しくは後日。
140707_195138.jpg
ラッカーパテで表面をボコボコに。
140718_232039.jpg
仁、豪、烈、悌、信の文字も入れてみました。

そして今回はLEDを仕込みました。
140702_112335.jpg
3ミリをそのまま使える大きさで作ったので、目にあわせてはめ込むだけです。
動かないようにプラ棒でストッパーをつけました。
140718_231955.jpg
バックパックに電池を収納。電池は単4×2本
140622_181354.jpg電池までの配線はこんな感じです。


そして起動!!!

140718_180539.jpg

140718_181005.jpg

※ワンフェスで販売するキットにはLED、電池、コード等のホンダムを発光させるための部品は含まれません。


本多忠勝制作 | 12:28:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
続 ホンダムを作る・本申請
やってまいりました。月一恒例(嘘)ブログ更新のお時間です。

ワンフェス夏の本申請締め切りが来たので、申請しました。

今回は

新作 本多忠勝 



再販 天海

の2つです。よろしくお願いします。

あとはコテツさんミニを色つきで出す予定です。

IMGP2891_convert_20140506162948.jpg IMGP2899_convert_20140506163025.jpg IMGP2906_convert_20140506163046.jpg

ホンダムはもう準備万端!あとはLEDぶっこんで塗る!許諾待ってます!

点けっぱなしにするか、スイッチ式にして「忠勝、起動せよ!」の再現をするか考え中です。


本多忠勝制作 | 16:50:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホンダムを作る・反省会
こんにちは。暑いですね。

なんとかホンダム完成しました。

さっそく見てください。
tdkt1 tdkt2
tdkt3 tdkt4

やっと終わりました...。
提出期限が20日なのでもうああしたいとかこうしたいとか
さすがに言ってられません。
そして目は光りません。

パーツ数15個
数珠のめり込み問題は、隙間の部分だけにしました。
肩の傾き具合はどうしても兜の端が当たるので、これくらいがぎりぎりかなと思います。

まー大変だった。何にどれくらい時間かかんのかっていうのが予想以上でしたよ。
今までの感覚でやっちゃったので、間に合わなかったのでした。

おら、もうこのでかさでつぐりだぐねぇ。

バサラは顔だけ作ろうかなぁ。顔作るのは好きなんですよね。大変だけど。



そういえば話は変わりますが、ワンフェスで見かけて気になってるのが

竹林化学工業株式会社ってとこが売っていた
刷毛塗ウレタンってやつ

簡単に言うと、シリコン型に筆で塗りつけて中空で成形できるキャストらしいのです。
実演もやっていたのですが、断片的にしか見なかったので
ちゃんと見ときゃよかったです。また出展したら見に行こう。
実演の動画とかHPにアップして欲しいですねー。

キャストといえばですね
今年はなんか湿気がすごくなかったですか?7月頃。
キャストが発泡しまくったんですよね。新品のやつなのに!

それとベルグのキャスト缶に中蓋が付いていましたよ!
タイミング的にこのブログ見たのかなとか思いましたよ!

ベルグのDHPペ-スト脱水剤も買って使いましたが、
使いやすく、効果はありました。

気になってるのが、キャストはだいたい120秒タイプと180秒タイプがありますけど、
あれの材質的な違いが気になりますよね。
180タイプは、120タイプより薄いのだろうか?
ってことはヒケやすいのか?
同じ条件だとどっちが発泡しやすいのか?
とか

もうねーそういうところが...

めんどくせぇ!

って思います。

そんな感じです。

本多忠勝制作 | 19:37:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホンダムを作る1・本申請
どうもこんにちは。

五月ですね。前回記事からさくっと一ヶ月たっちったっす。

WF夏に向けて作ってました本多忠勝・通称ホンダム、本申請締め切りという事で
申し込みました。よろしくお願いします。

夏の版権物申請はホンダム一本です。


IMGP23373.jpg IMGP23483.jpg

19cmぐらいです。
かなりのボリュームになりました。
私の制作史上最大です。

ボディはこぶしと同じくらいでかいです。複製が少し心配ですね。
キャスト激熱になるんじゃないかなー。
おとなしく顔だけにしておくべきだったかなー。

今回は完全に3のホンダムのデザインで作っています。

最初はエポパテで始めたんですけど
ちょっと作業しにくいなと思い、すぐにポリパテに切り替えました。
エポパテいくらあってもたりねーし!

エポパテの塊の上にポリパテを盛り付けています。
それでもポリパテ1kg缶がもうすぐなくなりそうです。

造形面の問題点は、各パーツの干渉ですね。

ホンダムはよく見てもらうとわかりますが、
右肩と数珠、兜と肩、アゴとボディーがガンガンぶつかります。
ゲーム中だと色んなとこが完全にめり込んじゃってるし、どうしようかな。

そこら辺のおとしどころが問題。
数珠と肩の干渉はめり込ませようかなと考えています。

そしてLED組み込みの件

兜と顔を別パーツにして
配線を顔の中→ボディ→バックパックというルートで考えています。
バックパックは前後に分割し、そこに電池を入れる予定です。
まだ入るか試していないけど。

あとはホンダムは左右対称キャラ&シンプルなので
今まで以上に精度に気をつけないと!(遠い目)

というかメカ物の作り方まるで無視している!!




ここからはついでの話


土浦のバサラ展行きましたよ。
展示物が換わるので2回行きました。結構有名な甲冑がいっぱいでしたねー。すごかったです。
写真でしか見たことのなかった物を見れてとても満足しました。土浦市やりおるわ!

一番の目玉の本多忠勝の甲冑は、飾りはとても豪華なんですけど、甲冑の基本デザインはシンプルでしたね。
立花氏の具足が私はなんか良いなと思いました。



(ぶっちゃけ平安末期の大鎧の方が好きだけどね!)


それではまた。




本多忠勝制作 | 16:09:57 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ